ヘッドライン


新着リスト
開業鍼灸師が見る“患者さんが来ない”という現実 鍼灸師のツボ日記
■あるからではなく、ないから書く 「患者さんのために」と思って鍼灸師になったのに患者さんがいない。 開業して、最初にぶつかるのが技術の壁ではなく、集客の壁だと思います。食べていける鍼灸師と、そうでない鍼灸師の違いは、必要としてくれる患者さんがいるかどうかで...
アスリートが勝つための鍼灸院をつくる! 鍼灸師のツボ日記
■カポスの次のチャレンジ 品川のカポス、2院目はガラッと雰囲気を変えてアスリート専門の鍼灸院をやります。 整動鍼®が、「整動鍼らしさをもっとも発揮できる分野は?対象は?」と考えて出た結論です。 ご存じの方もそうでない方も、品川駅の徒歩3分のビルの一室にカ...
このツボ! 上腕二頭筋の痛みには魚際が効く! 鍼灸師のツボ日記
■上腕二頭筋の痛みには魚際 上腕二頭筋の痛みに対する処方穴です。上腕二頭筋とは、いわゆる「チカラこぶ」です。この部分を重い物を持ったり、トレーニングで傷めてしまった時に便利なツボがあります。 魚際(ぎょさい)です。 母指の中手骨の近くにあるツボです。手の...
鍼灸院の求人情報と採用事情(東京&群馬) 鍼灸師のツボ日記
「鍼灸師」と検索してみたら Googleにはサジェスト機能というものがあります。 多くの人が検索しているワードを先回りして表示してくれる機能です。 検索窓に「鍼灸師」と入れると、  鍼灸師 求人  鍼灸師とは  鍼灸師 英語  鍼灸師 国家試験  鍼灸師 年収  鍼...
鍼灸師に必要なのは「ツボを信じる力」だと思う 鍼灸師のツボ日記
東京で開催している「整動鍼®」の勉強会には、全国から鍼灸師が集います。 飛行機や新幹線を使う方もたくさん。前泊して参加する方も。今回の脊柱編(2月12日〜13日)は北海道からの参加が6名でした!それに比べたら群馬の私は近い方です。 私が主催する勉強会に、時間...
マナーの悪い患者さんは断ってもいいのか、という問... 鍼灸師のツボ日記
■正解のない問題 私が初めて採用試験をした時に、こんな課題を出そうとしましたが、あまりにも難しいのでやめました。ちなみにこんな問題です。 「あなたは優秀な外科医です。今あなたの目の前で、何十人も殺めてきた殺人鬼が怪我をして死にそうです。治ったらさらに大勢...
スペインの鍼灸学校に行くことになりました! 鍼灸師のツボ日記
今年のゴールデンウィークはスペインで整動鍼のセミナーをやります。 4月28・29・30日の3日間です。 昨年、スペインの鍼灸学校から声をかけて頂いて、行くことにしました。移動と観光(1日半)を合わせて、約1週間、日本を留守にします。海外まで整動鍼の噂が届いて...
自動運転のクルマの画面にドライバーの見る景色が映... 鍼灸師のツボ日記
コミュニケーションの第一歩は景色を共有すること 本日、車関係の仕事をしている患者さんと雑談をしていたら、興味深い、ハッとさせられる話がありました。 自動車は自動運転技術に向けて、技術競争があちこちで繰り広げられているわけですが、その中で、「クルマとのコミ...
「鍼灸」の読み方は「しんきゅう」、「はりきゅう」... 鍼灸師のツボ日記
「鍼灸院」は「しんきゅういん」と読みます。 「はりきゅういん」と読んでも、おかしくありません。 どちらも正解です。 同じ要領で、「鍼灸師」も「しんきゅうし」と読みますが、「はりきゅうし」と読んでも正解です。 患者さんがどんなふうに読んでも、私たちは気になり...
「東洋医学」とか「西洋医学」とか、そういう言葉に... 鍼灸師のツボ日記
鍼灸師の3つのタイプ ずっと東洋医学をやってきたつもりでした。しかし、ここ数年「東洋医学」という言葉を使わなくなってきていることに気が付きました。同時に「西洋医学」という言葉も使っていません。 結局のところ、こだわりはなさそうです。ただ、東洋医学独自の考え...

サイト内検索
症状、病名、医学用語など